住宅のデザイン・設計・施工・リフォーム 山梨県のファインプラン株式会社 住まいのことならおまかせください

ファインプラン株式会社

お電話でのお問い合わせはこちらへ 0120-280-330

  • 地図アクセス
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

断熱リフォーム

Home > 家を変えたい・直したい > 断熱リフォーム

住まいの省エネルギー化

住まいの断熱性能が悪いと、窓・玄関ドア・屋根・壁から暖められた空気が逃げていきます。
断熱リフォームで、快適な暮らしはもちろん、年間の冷暖房費が節約できます。
お部屋や、水廻りのリフォーム工事や屋根の葺き替え工事のときに一緒にリフォームをされてはいかがでしょうか?
ここではファインプラン(株)のリフォーム実績をもとに窓・天井・外壁・床の断熱を見てみましょう。

窓を断熱する方法

断熱性のいい窓に取り換える 太陽の熱を60%もカット

  • 着工前

    着工前
    アルミサッシ+シングルガラス、2階南側、冬は寒く、夏は窓からの直射日光が入ってきて暑くなる部屋でした。

  • 完成時

    完成時
    アルミ樹脂サッシ+Low-E複層ガラスに交換。耐震工事も兼ねていたので、窓を小さくして耐力壁を増やしています。

もう一枚、内窓を取り付ける

  • 着工前

    着工前
    アルミサッシ+シングルガラス

  • 完成時

    完成時
    アルミサッシ シングルガラス
    アルミ樹脂サッシ Low-E複層ガラス

効果

エアコンの効きがよくなり省エネ効果があります。
朝の冷え込みがなくなります。
外から入る音を低減して室内音が漏れるのを抑えます。
さらに窓の断熱性がアップして結露の発生を抑えることができます。

使用した商品 YKKap 内窓 プラマードU

天井に断熱材を入れる方法

天井に断熱材を入れる方法

高性能断熱材 アクリアネクト(旭ファイバーグラス株式会社)夏は室内の火照りを抑え、冷房の効きをよくします。冬は室内の熱損失を低減して、暖房の効きをよくします。

天井に断熱材(高性能グラスウール 厚さ90mm 14kg/m2)を使用しています。

高性能 アクアリエネクスト 旭ファイバーグラス株式会社を使用

天井に断熱材を入れる方法

天井に断熱材(ブラスウール 厚さ100mm 16kg/m2 二重敷き詰め)を使用しています。

断熱材 ハウスロン(パラマウントガラス工業)
夏は室内の火照りを抑え、冷房の効きをよくします。冬は室内の熱損失を低減して、暖房の効きをよくします。

断熱材 ハウスロン パラマウント硝子工業を使用

外壁に断熱材を入れる方法

外壁に断熱材を入れる方法

洗面所の外壁に断熱材を入れて窓もアルミ樹脂+Low-E複層ガラスに換えているためお風呂からでても寒すぎない空間が出来ます。

床に断熱材を入れる方法

床に断熱材を入れる方法

地面からの冷え込みがなくなります。